返信屋 for Access

※返信屋 for Accessは開発を終了してます。返信屋2007をご検討ください。

返信屋 for Accessでできること

返信屋 for Accessは、Microsoft Access 2002で動く、メールマガジンを配信するプログラムです。

もっとも、メールマガジンを配信するなら、まぐまぐやメルマなどの配信サービスで十分です。それと同じモノだったら、誰も使う人はいないでしょう。

返信屋 for Accessが、まぐまぐなどと大きく違うのは、プログラム化自動配信ができることです。

もともとは、「楽してアフターフォローをやりたい」と思って作ったプログラムです。

あなたは、売上を上げるにはどうすればいいか知っていますか?

この答えはいろいろありますが、その一つがアフターフォローをすることです。返信屋 for Accessは面倒なアフターフォローを自動化できるプログラムです。

プログラム化自動配信ができる。

返信屋 for Accessは、指定したスケジュールで、指定した内容のメールを、自動で送信できます。

返信屋 for Accessは、登録した日を基準にして、日単位、週単位、月単位でスケジュール化して、そのスケジュール毎に指定したメールを自動で配信できます。

その上、このパターンはAccessが許す限り(最大2GB)いくつでも作ることができます。

例えば、パソコン販売の場合、デスクトップPCを買いたい人と、ノートPCを買いたい人では、必要とする情報が違います。返信屋は、デスクトップPC見込客用、ノートPC見込客用など、必要なだけパターンを設定することができます。

自動返信ができる。

返信屋 for Accessがサポートしているのは、プログラム化自動配信だけではありません。

指定した件名のメールを受信すると、あらかじめ用意したメールを自動的に返信することもできます。

例えば、「注文ありがとうございました」などのメールや、「メールマガジン購読確認」などのメールは、いちいち手作業で返信するより、自動化してしまった方がカンタンです。

しかし、この程度なら普通のメールソフトでもできます。

返信屋 for Accessの自動返信機能は、指定した件名のメールを受信すると、あらかじめ用意したメールを返信するだけではありません。指定した件名によって、どの自動配信パターンを送信するかを自動で設定できます。

返信屋のメリット

PCで動くので安全性が高い。

実は、同じことができるインターネットサーバー上のプログラムがいくつかあります。私が会社勤めの頃に見積もりを取ったときは数千万円しましたが、今はもっと安くなっています。月5千円程度のレンタル料で使えるようです。

しかし、サーバー上のソフトの場合、メールの情報をサーバーに持つことになります。心配なのがセキュリティーです。サーバーから個人情報が流出したというニュースは珍しいことではありません。インターネットサーバーはハッカーの攻撃対象になりやすいのです。大企業ならともかく、個人事業者や中小企業が個人情報を流出させたら、会社の基盤が揺るぎかねません。事実、これで倒産したと噂されたパソコンショップがありました。

返信屋 for Accessはサーバー上のプログラムではありません。普通のPCで動きます。もちろん、常時接続ならハッカー(本当はクラッカーですが)の攻撃対象になりますし、管理体制が甘かったらどうにもなりません。

それでも、PC上で動くセキュリティーツールは安くて豊富な上、使いやすいので、サーバーに比べれば、はるかに対策はカンタンです。

他のアプリケーションとカンタンに連携できる

返信屋 for Accessを動かすにはAccessが必要です。Accessがないと使えません。これは一見不便な制約のようですが、実はこれが返信屋 for Accessの最大のメリットです。

返信屋 for Accessのデータは、ほとんどがAccessデータベースに保存されています。自由に見ることができる上に、WordやExcelなどにデータを持っていくのはカンタンなことです。

返信屋 for Accessの価格とラインナップ

「返信屋 for Access」はフリーソフトです。無料で使えます。

なお、自分で改造したい人のために、ソースコードを販売しています。

動作環境

Microsoft Access 2002
返信屋 for AccessはMicrosoft Access 2002がないと動きません。
POP3/SMTP対応のメールアドレス
返信屋 for AccessはPOP3/SMTP対応のメールアドレスが必要です。HotMailなどのWebメールでは動きません。
返信屋専用のメールアドレス(自動返信機能使用時)
自動配信機能だけを使う場合は、特に必要ありませんが、自動返信機能を使う場合は、返信屋専用のメールアドレスを用意して下さい。返信屋 for Accessは見た目はメールソフトと似てますが、今お使いのメールソフトを置き換えるだけの機能は持っていませんし、そうするつもりもありません。

サポートについて

バグ、操作の問い合わせなどは、メールアドレス shu アットマーク k.email.ne.jp(アットマークを@に変更してください)までお願いします。メール以外の、電話、FAX、郵便などは一切受付ませんのでご了承下さい。

CONTENTS