SkRegExpのマルチプラットフォーム化

タイトルは盛ってます。話半分に聞いて下さい。

SkRegExp の文字列変換処理は Windows API に丸投げしています。

具体的には大文字小文字の変換、全角半角の変換、カタカナひらがなの変換です。

このままではマルチプラットフォーム化は無理です。

そこで、それらの文字列変換処理を自前でやることにしました。

大文字小文字の変換は UnicodeData.txt 互換に、全角半角、カタカナひらがなの変換については Windows API の LCMAPString 互換にしました。

ただし!

残念ながら、私は未だに Delphi XE で、かつ、 Mac はおろか、64ビット Windows さえ持ってません。

だから、それらでコンパイルできるかどうかは確認できません。

それでも、Windows API を使わなくすれば Mac でも動く可能性はありますよね。

そんなわけで近日…たぶん来週くらいに、Windows 依存から脱却した SkRegExp を公開します。

お楽しみに。

あ、楽しみにしてくれている人がいれば、ですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。