SkRegExp version 2.2.0公開

SkRegExp version 2.2.0 を公開しました。

今回のバージョンアップは主に最適化関連を強化しました。

変更点は次の通り。

  • 更新)先頭文字/文字クラスの識別による最適化で、否定文字クラスに対応。
  • 更新)先頭文字/文字クラスの識別による最適化の処理を TRELeadMap クラスに集約した。
  • 更新)(^ab|^bc) のように、選択の中で ^ や A が使われていても最適化できるようにした。
    このパターンでは文字列の先頭以外ではマッチしない。
    にも関わらず、以前のバージョンでは、先頭でマッチが失敗してもすべての文字位置でマッチを試行していた。
    なお、以前のバージョンでも ^(ab|bc) と書けば文字列の先頭でのみマッチを試行する。
  • 更新)マッチに必要な文字数による最適化をサポート。
    たとえば、a{10,} と言うパターンは文字数が 10 文字以上ないと決してマッチしない。
    検索対象文字列がマッチに必要な文字数より小さいときは即マッチ失敗となる
    なお、以前のバージョンでもサポートしていたが、グループ呼び出しなど、一部のパターンで正しい数より少ない文字数を返していた。
  • 修正)ヘルプの誤植を修正。

SkRegExp version 2.2.0 はコチラからダウンロードできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。