SkRegExp version 1.4.0 公開

SkRegExp version 1.4.0 を公開しました。
変更点は以下の通り。

  • 新規)正規表現 (?Cn) をサポート。TSkRegExp.OnCallout イベントを実装することで正規表現をカスタマイズできる。
  • 新規) Callout のサンプルプログラムを2本添付。
  • 新規)TGroup に SubExpression プロパティを追加。このプロパティは読み出し専用で部分正規表現を取得できる。
  • 新規)TSkRegExp クラスに、MatchOffset、MatchLength プロパティを追加。
  • 変更)TSkRegExp クラスの6つのプロパティを非推奨とした。
    Match, MatchPos, MatchLen, NamedGroup, NamedGroupPos, NamedGroupLen
    これらのプロパティは次期バージョンから削除される。

今回の目玉は (?Cn) によるオートコールアウトに対応したことです。

正規表現の中から Delphi、C++ のコードが呼び出せます。

これにより、ユーザー独自のマッチや処理を追加できる等、正規表現をカスタマイズすることができます。

また、オートコールアウトを使うと、正規表現のマッチ経過をユーザーにフィードバックしたり、正規表現パターンの組み立てや最適化に使うことができます。

詳しくはヘルプの「 SkRegExp の コールアウトについて」をご覧ください。

また今回初めてデモプログラムも添付しました。こちらもお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。