Delphi XE で TPerlRegEx より SkRegExp が遅い件

ところで、Delphi XE で TPerlRegExp が速くなった理由は、どうもデフォルトで study が効いているっぽいです、たぶん。

根拠は二つ。

Delph 2009 と比べて 1000 倍近く速くなる正規表現があるのと、Delphi 2009 でも study を実行すると同じ速さになるからです。

なぜ、同じコンポーネントが、Delphi の違うバージョンで異なる動作をするのかは不明です。静的リンクと動的リンクの関係があるのか・・・

SkRegExp の最適化は study よりもずっと軽いんですが、同じ機能を実装した方がいいのでしょうか?

なんか、時間をかけて最適化する study で比較されるのは納得できないです。

ただまあ、今回の件で、SkRegExp の最適化の弱点もみつかりました。

version 1.0.x と version 1.1.x では最適化のやり方が異なっているので、今後は version 1.1.x をベースにして最適化を見直していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。